まず疑ってみよう

子どものころによく言われたのが「言うことを聞きなさい」でした

「親の言う事を聞きなさい」
「先生の言う事を聞きなさい」

算数では、「1+1=2」と習います。
数学の公式なんかも、そのまま覚えさせられます。

難しい公式なんかは、どうしてこうなのかな?と疑問に思いながらも覚えていました。
子どものころはそれで良かったのです。

しかし、大人になってみると、言われたとおりに信じてはいけないと気づきました

それは、騙そうとする人が多いからです。

昔、母がよく言ってたのは「人を見たら泥棒と思え」でした。
子どもながらに「それはひどいんじゃないかな」と思っていました。
確かに悪い人もいますが、そんな人ばかりじゃない、良い人だっていると信じていたのです。

でも、「信じて騙される」ことを何度も経験すると、母の言う通りだったと思い知らされました。
きっと母も、何度も騙されたのかも知れません。
Sponsered Link



20代の頃に一人暮らししていたころ、何度も痛い目に遭いました

「英会話教材」「掃除機」「印鑑」……。

30代には、友人から誘われてネットワークビジネスをいくつもやってみました。
しかし、結局はうまくいきませんでした。

今の仕事を初めて、インターネットでホームページを開設すると、いろんな営業の電話がきました。
さすがにもうたくさん勉強したので、あまり「良い話」は信じなくなりました。

「世の中に良い話はない」と思っていた方が無難です。
特に電話で営業をしてくるのは要注意。

「まず疑ってみましょう」

もし「信じてみようかな…」と思うものなら、被害は最小限に抑えましょう。
失敗しても大損はしないくらいにすべきです。

そして、決して相手のせいにしないこと。
「自分で決めたことなので、責任は自分にある」

人に対しても同じこと。
「信じていたのに…」
「裏切られた…」

人は心変わりするのは仕方ありません。
自分だってそうなのですから。
Sponsered Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする