「信じる者は救われる」って本当!?

今は亡くなった「あるお婆ちゃん」の話です。
その方は80歳を超えていらっしゃいましたが、口の達者な元気な方でした。

たまに電話で呼ばれて、出張で整体をしていました。
「腰が痛いから」と言われ、20分くらい腰をさすっていると、「もう治った!ありがとう!」と。
Sponsered Link



私は「えっ!?」
ただ20分間、さすっていただけなのに!?

そしてまた、別の日に呼ばれて行きました。
「右腕が痛いから」と。

そして20分間、右腕をさすっていると、「ほら、もう痛くなくなった!」と。
私は再び「えっ!?」

その方は、「私が触っただけで痛みが取れる」と思い込んでいらっしゃったのだと思います。
まことに人間の体は、不思議というか何というか……。

その方が「自分で自分を治した」としか言いようがありません。
本当に私は「たださすっていた」だけなのですから。

気功の先生で「丹波先生」という方がいらっしゃいます。
私がとても尊敬している先生です。

丹波先生に出会うまでは、正直言って「気功」というものに対して、理解が全くありませんでした。
しかし縁があって、7年前に1年間、1ヶ月に1度、私の整体院に来てくださいました。

最初は私も半信半疑だったのですが、目の前で、正座ができなかった人が正座ができるようになり、杖をついて腰を屈めてきた人が、帰りは杖を持って歩いて帰ったり……
そんな光景を目の当たりにして、本当に唖然とするばかりでした。

丹波先生の気功を信じることができる人は、本当に痛みがなくなります。
しかし信じていない人は、残念ながら「変わらない」と言います。

ユーチューブで遠隔ヒーリング動画をアップしていますが、世界中から「腰の痛みが消えた」「がんの数値が改善された」などの喜びの声が届きます。
まさに「信じる者は救われる」といった感じです。

丹波先生曰く、がん細胞にいろんな角度からエネルギーを照射して、削っていくとのこと。
もし私ががんになったら、丹波先生に助けてもらうつもりです。
Sponsered Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする