自分を「許す」ってどういうこと!?

思い通りの人生を送っている人って、世界にどれほどいるのでしょうか?
子どもの頃は「将来は〇〇になりたい」と夢見たりしますよね。

でも多くの人は、思春期を迎えるころには自分の限界を感じて、夢をあきらめ現実的な目標にシフトするはずです。
小さい頃は、立っただけで喜んでもらえたり、言葉を話しただけで喜んでもらえたり、「かわいいね」「賢いね」と親が褒めてくれましたよね。
Sponsered Link



それが大きくなるにつれて、否定されることが多くなります。
「〇〇になりたい」と夢を語っても、「どうせお前にはできない」と親に否定され、先生に否定され、先輩に否定され、友達に否定され、上司に否定され……。

否定され続けると、人間は自信を持てなくなります。
「どうせ私なんか…」と、自分を価値視できなくなります。
自分が「価値ある存在」だと思えないと、自分を大切にしたいと思えません。

人は、育てられたようにしか生きられません。
親にされたようにしか、子どもにしてあげられない……
虐待されて育った子は、虐待をしてしまう……

大人になると、褒めてもらうことってあまりないですよね。
バルセロナオリンピックで銀メダル、アトランタオリンピックで銅メダルを獲得し、2大会連続でメダリストになった女子マラソンの有森裕子さん、「初めて、自分で自分をほめたいと思います」という名言を残しました。

誰も褒めてくれないなら、自分で自分を褒めるしかありませんよね。
有森さんのように偉業を達成したなら、自分を褒めることは簡単かも知れません。

しかし、失敗ばかりしている自分を褒めることは簡単ではありません。
思うようにいかない人生を送っている自分を褒めるって、あなたならどうしますか?

私は、失敗ばかりの自分を「許す」ことが大事だと思います。
ちょっとしたことでイライラしてしまう自分…
相手のミスを責めてしまう自分…
相手を許せない自分…

そんな「私」を許してあげましょう。
自分を許すことで、相手を許すことができるはずです。

それが「尊重するってどういうこと!?」につながると思うのです。
Sponsered Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする