整体師と占い師、本業はどっち?

私は19年前から整体を生業にしています。
その一方で、占い師としての活動もしています。

「仕事は何を?」と聞かれたら「整体師」と答えます。
電話占いをしていたときに、求められたのは「霊視」の能力でした。
Sponsered Link



残念ながら、私にはそういう力はありません。
占い一本でやってらっしゃる人は本当に尊敬します。

そういうわけで、整体を本業にしているわけですが、「占いをしてほしい」という方には喜んでやっています。

私の場合、両手が「ますかけ線」という手相でとても珍しかったので、中学校くらいから占いが好きでした。


自分でも「変わっている」という自覚があって、生きづらさを抱えていました。
霊は見えないけど霊的な世界にばかり興味があって、自殺願望がずっとありました。

「汚れた現実世界で生きるのは苦しい」

どうやったら苦しまずに死ねるかとか考えたり。
結婚して子どもが生まれるまでは考えてましたね。

さすがに妻子を残して死ぬのはダメだと思うので、なんとか今は踏みとどまっています。
妻が老後を心配なく暮らせるぐらいの財産を残せるまでは、死なないで頑張るつもりです。

人は自分の存在価値を見失ったとき、「死にたい」と思うのではないでしょうか?
私は「人に迷惑をかけること」「嫌な気持ちにさせる」ことが嫌いなので、「自分がいることで迷惑になる」と思うと消えたくなります。

「誰かに必要とされている」と思うと、「生きなくちゃ!」と思うのです。
今は家族に必要とされているので、家族のために「生きなくちゃ!」と。
お客様に必要とされているので、お客様のために「頑張らなくちゃ!」と自分を奮い立たせています。
Sponsered Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする